こんにちは! スポチューバーTV、野球技術担当の下です。 今回はバッティングのタイミングについて、お伝えしていきたいと思います。 タイミングはバッティングにおいてとても重要ですね。 いくらスイングが良くてもうまくアジャストする事ができなければ打つ事はできません。 この記事で少しでもお悩みの方の為になれば幸いです。 良くあるタイミングのお悩みとしては、
  • 考えすぎてしまって動きが遅れる・・・
  • 遅いボールがどうしても打てない・・・
  • 練習ではいいのに実践で打てない・・・
  • フォームは良いのだが打てない・・・
このように悩んでいる方は多いと思います。 わかっていてもできないのがタイミングですね。 どうしたらいいのかわからない。 このバッティングのタイミングの悩みを紐解き、解決するための解説をしていきます。

バッティングの「タイミング」って?

タイミングとは何を指しているのでしょうか。 私としては2つあると考えています。 1つは単純に、
  • ボールとのタイミング
2つ目は、
  • 自分のフォームを作った上で合わせる事
と考えています。 私の指導経験上多くの場合は、「自分のフォームを作れない」ことでタイミングが合わない選手がほとんどです。 なので、実際の所は「タイミング」が合ってないわけではないんですね。 フォームがつくれずに合わない事がほとんどです。 例えば、
  • トップができる前にボールがきてしまう
  • 遅い球で開いてしまう
  • 体重移動のタイミングは合っていない
などが多いです。 これはフォームが原因によるものです。 改善していくには、フォームを修正して行く事が何よりも大切です。 自分の力を発揮できる状態(いいフォーム)で、ボールにアジャストして行く事が必須です。
崩されやすいポイントとしては
  • トップができない
  • 軸足のコントロールができない
  • 割れが作れない
などが多いですね。 こちらの改善方法は動画でまとめていますので、是非ご覧になってください。 また、トスでもタイミングを修正する練習を紹介しておりますので合わせて見てみて下さい。 この練習で選手や指導者の方のお役立てれば幸いです。