こんにちは!野球技術担当の河合です。 今日は、守備や走塁の素早さを高めるトレーニングをご紹介します。 前方へのダッシュ力、すばやく減速する能力、左右への推進力が鍛えられます。 こんな選手におすすめです。
  • 守備の左右の速い打球に追いつけない
  • 守備の前方の打球をアウトにできない
  • 走塁の時に機敏な動きができない
このメニューを行うことで、前後左右に素早く動く能力が上がりますので、 ぜひ行ってみてください。

野球の守備や走塁の素早さを高めるトレーニング

さっそくご紹介していきます。

Tダッシュ

コーンなどを置き、縦10m・横5m・横5mのTの字を作る。 注意点としては、なるべく全速力でやってください。
  • まずパワーポジションで構えます

    まずパワーポジションで構えます

  • 軽くジャンプしてスタートし、全力ダッシュで前方へ向かいます

    軽くジャンプしてスタート

  • ひとつ目のコーンは肩幅程度の足幅でタッチします

    ひとつ目のコーンは肩幅程度の足幅でタッチ

  • 左右どちらかに進みます。進行方向とは逆の足で地面をプッシュし、肩甲骨を背中側に引くイメージで横移動します

    左右どちらかに進みます

  • 外側のコーンのタッチでは、股関節で体重を受け止めるようにし、体重が外側に流れないように注意します

    外側のコーンのタッチでは、股関節で体重を受け止めるようにし、体重が外側に流れないように注意します

  • サイドステップで逆側サイドのコーンへ向かいタッチします

    サイドステップで逆側サイドのコーンへ向かいタッチ

  • 外側のコーンのタッチでは、股関節で体重を受け止めるようにし、体重が外側に流れないように注意します

    外側のコーンのタッチでは、股関節で体重を受け止めるようにし、体重が外側に流れないように注意

  • 真ん中まで進み後ろへの切り返しは、内転筋とお尻を使って素早く切り返します

    真ん中まで進み後ろへの切り返しは、内転筋とお尻を使って素早く

  • 最後は頂点にあるコーンをタッチする

    最後は頂点にあるコーンをタッチ

Tダッシュ・ボールキャッチ

1と同じ要領で、各コーンでボールをキャッチしながら行います。 ※詳しくは動画を参照してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 実施する際のポイントは、パワーポジションをキープしたままある程度低い姿勢で行うこと全速力で行うことです。 みなさんも守備と走塁の動きが良くなるように基礎トレーニングとして行ってみてください。