こんにちは。スポチューバーTVの野球YouTuber向です!

今回のコラムでは先日、6月9日に行われた「カル・リプケンワールドシリーズ」U12日本代表vs東都クラブ京葉ボーイズの壮行試合の様子をお伝えしていきます。

日本代表のスーパー選手達を是非御覧ください!

先攻・U12日本代表 後攻・東都クラブ京葉ボーイズ

初回、先制点を奪って勢いをつけたいところ

京葉ボーイズ先発投手の力のある投球に3者凡退。

その裏、日本代表の先発は長身左腕・鷹尾くん(京葉ボーイズ)

角度のあるスピンのきいたストレートで打者を圧倒しこちらも三者凡退に抑える上々の立ち上がり。


そして試合が動いたのは2回表。

4番打者・山路くん(東広島ボーイズ)が外角高めの直球を弾き返しレフトへホームラン!

日本代表として記念すべき1得点目は4番のバットから生まれました!

その後、鷹尾くんが2イニングをピシャリと抑え横山くん(宮城仙北ボーイズ)に継投。

1−0と日本代表が1点リードのまま迎えた4回表。

4番・山路くん 5番・濱谷君(京都嵯峨野ボーイズ)の連続四球でチャンスメイク


ここで7番・伊藤くん(東海中央ボーイズ)が 2点タイムリーを放ち3−0と日本代表が京葉ボーイズを引き離す。

鷹尾くんからバトンを受けた横山くんも2イニングをピシャリと抑え 5回から杉浦くん(愛知知多ボーイズ)に継投。

6回表に5番・濱谷くんの犠牲フライでダメ押しの4点目。

鷹尾くん→横山くん→杉浦くんの見事な完封リレーでU12日本代表が素晴らしい初陣を飾りました。

次回は6月27日に都内で行われました記者会見のご様子をお届けして参ります。

お楽しみに!