スポーツの疑問はスポチューバーTVで解決しよう!

スポチューバーTVはスポーツに励む子どもと、指導者となる父兄のためのスポーツ教育メディアです。
YouTubeのスポーツ動画と講師によるスポーツコラムで正しい体の動かし方を教えます。

内野手必見!バックハンドキャッチをうまくする為の練習

河合 亮

こんにちは!スポチューバーTV野球技術担当の河合です。

今回は内野手のバックハンド(逆シングル)キャッチをうまくする為の練習をご紹介します。

バックハンドは、守備で高い技術が求められるステージ(大学・社会人・プロ)では、必須の技術といっても過言ではありません。

アメリカなどでは、小学生の頃から基本の技術としてバックハンドの練習を行うことは普通です。

練習すればするほどに簡単になっていきますので、日々の練習にプラスすることをおすすめします。

バックハンド(逆シングル)キャッチでうまく捕球する為のコツとは?

バックハンドキャッチでうまく捕球する為には2つポイントがあると考えています。

  1. ボールが目で確認できるグラブの位置で捕球すること(深い位置だと目で捉えられず難しくなる)
  2. グラブ側の腕を回内(内側にねじる)させることで、捕球面をボールが来るラインに入れること

この2つのポイントを抑えた上で練習すると、バックハンドの捕球はとても簡単になっていきます。

それでは、練習をご紹介します。

バックハンドグラブトス

目的グラブ側の腕を回内(内側にねじる)した状態を作れるようにする
やり方グラブ側の腕を回内(内側にねじる)したまま相手にグラブトスをする
ポイント相手の胸にトスができることがうまくいっている目安

バックハンドコップキャッチ

目的グラブ側の腕を回内(内側にねじる)した状態を作れるようにする
やり方グラブ側の腕を回内(内側にねじる)した状態でコップや筒状のものを持ち、ゴロをキャッチしていく
ポイントゴロを投げる側は、最初はあまりバウンドがないゴロを投げてあげるのが簡単でおすすめ

バックハンドバドミントン

目的グラブ側の腕を回内(内側にねじる)した状態を作りながら、適切な位置に動けるようになるための練習
やり方バックハンドで相手に羽を返していく
ポイントグラブ側の腕を回内させながら相手に返していくのを意識すること

膝つきハンドリング(バックハンド)

目的あらゆるボールを目で捉えながら、バックハンドで前後左右のボールに対応する為の練習
やり方相手に対して左膝を前に出し立膝でななめ向きに構え、ゴロを投げてもらいすべてバックハンドでキャッチする
ポイント最後までボールを見ながら、腕の回内動作を入れるようにして捕球すること

まとめ

いかがでしたでしょうか?
以下のポイントを抑えてぜひ練習してみてくださいね!

  • ボールが目で確認できるグラブの位置で捕球すること(深い位置だと目で捉えられず難しくなる)
  • グラブ側の腕を回内(内側にねじる)させることで、捕球面をボールが来るラインに入れること

執筆者

河合 亮

JBS武蔵 コーチ