こんにちは! スポチューバーTV野球技術担当の下です。 今回は直接的な野球技術ではありませんが、選手を成長させていくために必要な事として、コラムを書いていきたいと思います。

選手が指導者に対して「許可を取る」という行動について

私たちがスクールを開催していてよくある光景一つが、 「○○していいですか?」と聞いてくる事があります。 例えば、
  • トイレにいってきていいですか?
  • 飲み物飲んでいいですか?
  • この練習してもいいですか?
など細かな事をあげるといくつも出てきます。 これは「許可をとっている」という事になると思います。 もちろんすべて悪い訳ではないですし、確認が必要な場合もあると思います。 しかし私は「管理されすぎている背景があるのではないか」と感じています。 許可をとると言う事は見方を変えて言えば、 「相手に怒らないようにする」 「自分の行動の責任を許可を取る事によって相手に委ねる」 と言う事です。 いい選手の特徴としてはやはり、自立・自律力が高いと言う事があります。 自ら考え、自分を律するプライドを持っている選手は成長スピードも早い事はいうまでもありません。 これはアスリートにとっては重要な要素でもあります。 そのため、「許可をとる」という事はあまりオススメできない事でもあります。 何か行動をして失敗をしても、自ら考えて行動をすれば反省をする事ができます。 相手に責任を委ねてしまっていては、 「コーチが言ったからやっただけ。僕は悪くない」 というような思考回路やパターンに陥りがちです。 これでは成長のスピードは遅くなりますし、どこまでいっても相手の責任しているようではアスリートしては失格です。
背景には管理しすぎる指導者や親、大人たち(社会)がいるのではないでしょうか。 次世代に育っていく今の子ども達や選手たちは、許可をとるクセを極力少なくして欲しいと願っております。 動画にもこの内容を話しております。 併せてご覧下さい。