こんにちは! スポチューバーTV、野球技術担当の下です。 今回のコラム&動画では「前脇の空き」についてお伝えしていきます。 前脇でどうしても空いてしまって、「脇あけるな〜」って言われる事もありますよね。 でもある条件を満たせば脇を締める事も必要ありません。

脇の空け締めは何に関係してくるのか?

最近の野球ではピッチャーの球速のベースがあがってきています。 20年前であれば150km/hでも出ればかなり速い部類でしたが、もはやそれが当たり前の時代になりました。 また変化球もカットやツーシーム、スラッターなどストレートに近いボールが多投されています。 これは何を表しているかというと、「ポイントを前にすると凡打してしまう傾向がある」という事を意味しています。 ストレートの感覚でスイングをしていくと、近くで曲がってくるのでポイントが前だと打てなくなります。 なので、最近ではポイントを近くする必要が出て来ています。 実はこの、「ポイントを近くする」のに効果的なフォームが脇を空けた打ち方ということになります。 前脇を締めるフォームでも、前脇を空けるフォームでも
  • 前肩の引く動作(肩甲骨の内転)ができる事で回転が起こります。
この動作ができていれば、脇の空きや締めは実はあまり関係はありません。 なので結論としては、 前脇が空いていても動作ができていれば問題ない という事になります。 脇が締まるフォームでは、その動きによってヘッドが返りやすくなるという特徴があります。 その為インパクトは前になりやすい傾向があります。 動画を見てもらうとわかりますが、脇が空くフォームがポイントが近くなりますので、 よりボールを見る時間が長くとれます。
これが、
  • 速いボールへの対応
  • ストレートに近い変化球のへの対応
という2点に繋がってきます。 ひと昔前の指導では「脇を空けるな〜」と指導される事もありましたが、選手のパフォーマンスアップによりバッティング技術も変わってきています。 良くない脇が締まるパターンは、前肩の引く動きが不十分で回転不足になってしまう場合です。 このケースは回転が不十分になりますので、腕頼りのスイングになります。 結果は当然望みにくくなります。 恐らくですが、脇を空けるなと言われて来たものこのケースの事を言われていたのだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 今回のコラム&動画では「脇が空いたフォーム」の有効性についてお伝えしてきました。 動画ではより詳しく解説していますので、合わせてご覧になってください。