こんにちは! スポチューバーTV野球技術担当の下です。 今回のコラム&動画では、「速いボールに詰まってしまう人」向けにお伝えしていきたいと思います。 速いボールに詰まってしまう人の原因はおおよそ二つあります。
  • そもそもボールに対して合わせる事ができない
  • フォームができる前にボールがきてしまう
という2点が多いです。 今回は、「フォームができる前にボールがきてしまう」という事に対しての対策をお伝えしていければと思います。

バッティングにおいて抑えておきたい動作

バッティングにおいてどんなフォームでも、必ず抑えておきたい動作があります。
  1. タメ(軸足荷重)
  2. 割れ
  3. 軸足→前足への支点移動
  4. 回転動作
です。 少し抽象的に表現しているので、もちろんこの中に他の動作も含まれています。 この動作の過程はどうであれ、必ず抑えておく動作です。 といいますかこの動作を行わない限り、正確性と力を発揮する事は難しいです。 速いボールにタイミングが合わない場合は、この動作を行なっていく上での「過程」の部分の動きが大きかったり無駄がある状態がほとんどです。 この「過程」の部分をうまく省いていく事がバッティングフォームをシンプルにして、速い球に対応できるようになります。 その省き方に決まりはありませんが、自分で試行錯誤していくのが一番かと思います。 ただ経験上「タメ(軸足荷重)」と「割れ」の動作を省ける場合が多いです。 例えば、タメにおいては最初から少し軸足側に加重しておくことで、スムーズにステップ動作に入れます。 「割れ」の動作もボトムハンドは側の肩甲骨を最初から少し引いておく事で割れの過程を省く事ができます。 2つの動作はシンプルにしやすい部分でもありますので、お試しされてみてください。 いかがでしたでしょうか。 動画では実際に動きながら説明をしてますので、 より理解が深まると思います。 ぜひ合わせてご覧になってください。