スポーツの疑問はスポチューバーTVで解決しよう!

スポチューバーTVはスポーツに励む子どもと、指導者となる父兄のためのスポーツ教育メディアです。
YouTubeのスポーツ動画と講師によるスポーツコラムで正しい体の動かし方を教えます。

体重移動を伴うペッパートレーニングで、予測不能な動きに対応しよう!

三浦 佳祐

こんにちは!
千葉と大阪を拠点に、コンディショニングコーチとして活動している、三浦佳祐(みうらけいすけ)です。

前回はペッパーという、ボールを使用したドリルをご紹介させていただきました。

簡単にできる基礎的なものをご紹介させていただきました。
今回は少し発展したドリルを行いたいと思います。

ペッパーの目的や効果については、前回のコラムをご参照ください。
また、前回のコラムと動画をご覧いただいた上で、今回のエクササイズを実施していただくと、より効果的です。あわせてご覧ください。

目次

  1. 今回ご紹介するペッパードリル
    • リズム股割り
    • ラテラルランジ
    • クロスオーバー(逆シングル)
    • フロントランジ
  2. まとめ

今回ご紹介するペッパードリル

前回ご紹介したドリルは、基本的に両足、もしくは軸足が、地面に接地した状態で行うものでした。

今回は、ボールに合わせて足を前後左右に踏み出すような、体重移動を伴う動作に発展させていきます。

リズム股割り

  1. 開始姿勢は、足を揃えて立った状態です。ボールをトスする人に、自分の目の前に立ってもらいます。
  2. 相手に、目線の高さからつま先を目がけてボールを落として貰います。
  3. つま先に落下してきたボールに対して、瞬間的に股割りの体勢を取り、地面に近い位置でキャッチします。
  4. 開始姿勢に戻るのと同時に、ボールを相手にトスで返します。
  5. 開始姿勢に戻ったら、間髪入れずに同じ位置にボールを投げて貰い、股割りでの捕球に入ります。
  6. この動作を、20回繰り返します。

ラテラルランジ

  1. 開始姿勢は、足を揃えて立った状態です。ボールをトスする人に、自分の目の前に少し離れて立ってもらいます。
  2. 相手に、身体の外側(左側)を目がけてボールをトスして貰います。
  3. そのボールに合わせるように、左足を開き、ラテラルランジ(左の股関節を折りたたむ)のような形でボールをキャッチします。(ボールは両足の間でキャッチします。)
  4. 開始姿勢に戻るのと同時に、ボールを相手にトスで返します。
  5. 開始姿勢に戻ったら、間髪入れずに同じ位置にボールを投げて貰い、同様の体勢でボールを捕ります。
  6. この動作は片側ずつでも交互でも構いませんので、合計で20回(片側10回)を行います。


逆シングル

  1. 開始姿勢は、足を揃えて立った状態です。ボールをトスする人に、自分の目の前に少し離れて立ってもらいます。
  2. 相手に、身体の外側(手を伸ばして届く範囲)にボールをトスして貰います。
  3. 身体の右側にボールが来た場合、左手を伸ばしてボールを取りに行きます。(いわゆる逆シングルの取り方です)その際、左足も身体の前を大きくクロスするように踏み込んでいきます。
  4. 開始姿勢に戻るのと同時に、ボールを相手にトスで返します。
  5. 開始姿勢に戻ったら、間髪入れずに同じ位置にボールを投げて貰い、同様の体勢でボールを捕ります。
  6. この動作は片側ずつでも交互でも構いませんので、合計で20回(片側10回)を行います。

フロントランジ

  1. 開始姿勢は、足を揃えて立った状態です。ボールをトスする人に、自分の目の前に少し離れて立ってもらいます。
  2. 足を前に開いて、後ろの膝が地面に付くギリギリの所で姿勢をキープします。
  3. (右脚が後ろの場合)ボールを身体の右側にトスして貰います。
  4. 左脚を前に踏み込んで(ランジの体勢)ボールをキャッチします。
  5. 開始姿勢に戻るのと同時に、ボールを相手にトスで返します。
  6. この動作は片側ずつでも交互でも構いませんので、合計で20回(片側10回)を行います。

まとめ

  • ボールと身体に動きをつけることで、より難易度が高くなる。楽しみ(笑)も向上する。
  • 楽しみながらも追い込んで、動きの基礎を作り上げよう!

次回は実際にチームでどんな流れでトレーニングを行っているのか、ご紹介させて頂きます。

執筆者

三浦 佳祐

コンディショニングコーチ